キャストスタッフ

来日キャスト・配役クリエイティブチーム

来日キャスト・配役

  • ナディア・バイナスキー[キャンベル]
  • タイラー・バートロン[ランドー]
  • メイジー・サリンジャー[ブリジット]
  • シャロッド・ウィリアムス[ラ・シエネガー]
  • AJ・ロックハート[キャメロン]
  • ベイリー・パーヴィス[スカイラー]
  • ガブリエラ・アンドリア[スウィング]
  • アザリア・バーミュデス[アンサンブル]
  • イーアン・コクラン[ダンス・キャプテン/スウィング]
  • アリー・フランコ[スウィング]
  • シェイリー・フライアント[アンサンブル]
  • ブラントリー・ジツー[アンサンブル]
  • サラ・ネイサン[アンサンブル]
  • ブレナン・ピーターズ[スウィング]
  • デイヴィッド・ランク[アンサンブル]
  • メイソン・トゥルーブラッド[アンサンブル]
  • ナタリー・ウィリス[アンサンブル]
  • ズリ・ワシントン[ダニエル]
  • エミリー・ミッチェル[エヴァ]
  • ジェニファー・ゲラー[ナティカ]
  • アンディ・ホワイト[スティーヴン]
  • ミア・ウェインバーガー[カイラー]
  • エリン・L・フレミング[トウィグ]
  • トリアン・バーバー[アンサンブル]
  • アントワン・ベシィア[チア・キャプテン/スウィング]
  • ヴィクトリア・シゼウスキー[アンサンブル]
  • ジリアン・フランコ[アンサンブル]
  • リード・アイカレラ[スウィング]
  • マイネル・ナオネ・カーター[アンサンブル]
  • メーガン・ペック[スウィング]
  • カリー・プレンジ[チア・キャプテン捕/ダンス・キャプテン捕/スウィング]
  • カイル・シェイファー[アンサンブル]
  • ジェイソン・タッカー[アンサンブル]
  • エマライン・ウッド[キャンベル/エヴァ/スカイラー代役]

クリエイティブチーム

ジェフ・ウィッティ
(脚本)

ブロードウェイで6年間のロングランを記録した『アベニューQ』で、2004年トニー賞ミュージカル部門の最優秀脚本賞を受賞(同作は現在もオフ・ブロードウェイで上演中)。また、元シザー・シスターズのジョン・シアーズとジョン・ガーデンによる音楽で、アーミステッド・モーピンの同名小説をミュージカル化した『Tales of the City』(サンフランシスコ・ベイエリア批評家協会賞受賞)の脚本を担当。そのほか、『The Further Adventures of Hedda Gabler』『The Hiding Place』『The Plank Project』『Balls』『Sequel 2: A New Beginning』などの戯曲を執筆。これまでに、エグジット・パースード・バイ・ア・ベアー、オレゴン・シェイクスピア・フェスティバル、アトランティック・シアター・カンパニー、ヴィンヤード・シアター、ニュー・グループ、アライアンス・シアター、サウス・コースト・レパートリー、ユージーン・オニール・シアター・センターなどで作品を発表している。

JEFF WHITTY (Librettist) won the 2004 Tony Award for Best Book for a Musical for Avenue Q, which ran on Broadway for six years and then moved Off-Broadway where its run continues. Also: libretto for a musical of Armistead Maupin's Tales of the City (SF Bay Area Critics Award) which premiered at ACT in San Francisco, with music by Jake Shears and John Garden of the band Scissor Sisters. Plays include The Further Adventures of Hedda Gabler, The Hiding Place, The Plank Project, Balls, Suicide Weather and Sequel 2: A New Beginning. Theaters presenting his work include Exit Pursued By a Bear (NYC), Oregon Shakespeare Festival, the Atlantic Theatre Company, the Vineyard Theatre, the New Group, the Alliance Theatre (Atlanta, GA), South Coast Repertory (Costa Mesa, CA) and the Eugene O'Neill Theater Center.

トム・キット
(共同作曲/共同アレンジメント/共同編曲)

『ネクスト・トゥ・ノーマル』でトニー賞ミュージカル部門の最優秀楽曲賞・最優秀編曲賞、ならびに2010年ピュリツァー賞(演劇部門)、2009年フレデリック・ロウ賞演劇作曲賞、アウター・クリティクス・サークル賞最優秀楽曲賞を受賞。グリーン・デイの同名アルバムをミュージカル化した『アメリカン・イディオット』では音楽スーパーバイザー、音楽アレンジメント、編曲を手掛けた。同じくグリーン・デイのグラミー賞受賞アルバム「21世紀のブレイクダウン」や、3部作アルバム「ウノ!」「ドス!」「トレ!」では、追加アレンジメントを担当している。そのほか作曲を手掛けた舞台に、『High Fidelity』『冬物語』『終わりよければ全てよし』『From Up Here』『The Retributionists』など。音楽監督、指揮、音楽アレンジメント/編曲を担当した作品に、映画「Pitch Perfect」、舞台『13』『Debbie Does Dallas』『Everyday Rapture』『HAIR』『Laugh Whore』『ピピン』『Urban Cowboy』など。

TOM KITT (Co-Composer, Co-Arranger/Orchestrator) received the 2010 Pulitzer Prize for Drama as well as two Tony Awards for Best Score and Best Orchestrations for Next to Normal. His music for Next to Normal also received the 2009 Frederick Loewe Award for Dramatic Composition and the Outer Critics Circle Award for Outstanding Score. Tom is also responsible for the music supervision, arrangements and orchestrations for Green Day's American Idiot, and provided additional arrangements for their Grammy Award-winning album 21st Century Breakdown and their upcoming trilogy, ¡Uno!, ¡Dos!, ¡Tré! Tom is also the compositor for High Fidelity (Broadway), The Winter's Tale and All's Well That Ends Well (the Public NYSF), From Up Here (MTC) and The Retributionists (Playwrights Horizons.) As a musical director, conductor, arranger and orchestrator, his credits include Pitch Perfect (feature film), 13, Debbie Does Dallas, Everyday Rapture, Hair, Laugh Whore, Pippin (Deaf West) and Urban Cowboy.

リン・マニュエル・ミランダ
(共同作曲/共同作詞)

『イン・ザ・ハイツ』で、2008年トニー賞ミュージカル部門の最優秀作曲賞を受賞。同作においては、キャスト・アルバムが2009年グラミー賞を受賞、また2009年ピュリツァー賞候補に挙がったほか、数多くの賞に輝いた。スティーヴン・シュワルツ作『Working』の再演では追加楽曲を提供し、『ウエスト・サイド・ストーリー』の2009年ブロードウェイ再演ではアーサー・ローレンツやスティーヴン・ソンドハイムと協働し、スペイン語歌詞を手掛けた。俳優としてのドラマ出演作に、「モダン・ファミリー」「The Electric Company」「ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア」「Dr. HOUSE」「セサミストリート」など。HIP HOPコメディ・グループ「フリースタイル・ラヴ・シュープリーム」の共同設立者としても世界各地で活躍中。新作『The Hamilton Mixtape』が待機中。本作を史上最強のチアリーダー、ヴァネッサに捧ぐ。

LIN-MANUEL MIRANDA (Co-Composer, Co-Lyricist) won the 2008 Tony Award for Best Original Score for In The Heights, a 2009 Grammy Award for its original Broadway cast album and was named a finalist for the 2009 Pulitzer Prize for Drama, in addition to numerous other awards. He contributed new songs to the revival of Stephen Schwartz's Working and collaborated with Arthur Laurents and Stephen Sondheim on Spanish translations for the 2009 Broadway revival of West Side Story. TV credits: "Modern Family," "The Electric Company," "The Sopranos," "House," "Sesame Street." He is co-founding member of Freestyle Love Supreme, a hip-hop comedy group the tours comedy festivals worldwide. Upcoming: The Hamilton Mixtape. For Vanessa, the best cheerleader ever.

アマンダ・グリーン
(共同作詞)

トニー賞ノミネート歴を誇る作詞作曲家。2013年には、『ブリング・イット・オン』でミュージカル部門の最優秀作品賞候補に、作詞/共同作曲を手掛けた『Hands On A Hardbody』が最優秀楽曲賞候補に挙がったほか、ドラマ・デスク賞3部門、アウター・クリティクス・サークル賞1部門でノミネートを受け、フレデリック・ロウ賞を受賞。そのほかの代表作に、『High Fidelity』(作詞)、『Hallelujah, Baby!』(再演でアーサー・ローレンツと恊働し、追加歌詞を担当)、『Up The Week Without A Paddle』(LA劇評家協会賞最優秀楽曲賞候補)、『For The Love of Tiffany』(作詞/主演)など。『Hands On A Hardbody』で協働した伝説的ギタリスト、トレイ・アナスタシオは同作の楽曲をフィッシュやTABと共に演奏している。TV番組「The Wonder Pets」に構成作家として参加。ジョナサン・ラーソン賞、ソングライターズ・ホール・オブ・フェイム賞を受賞したほか、カーネギー・ホールやブルーバード・カフェでコンサートを開催。自身の楽曲を集めたCD「Put A Little Love In Your Mouth」はwww.greenpiecemusic.comで入手可。

AMANDA GREEN (Co-Lyricist) is a Tony-nominated lyricist composer. She had two new musicals premiere on Broadway in the 2012-2013 season: Bring It On (Tony nomination, Best Musical) and Hands On A Hardbody (Tony nomination, Best Score) (Lyricist/Co-Composer); she also received 3 Drama Desk Award and Outer Critics Circle Award Nominations and won the 2013 Frederic Loewe Award for Composition of the Best Musical Score. Also on Broadway, High Fidelity (Lyrics). She collaborated with Arthur Laurents on the revival of Hallelujah Baby! (Addt’l Lyrics; Arena Stage); Up The Week Without A Paddle (L.A. Drama Critics Circle Nomination, Best Score); For The Love of Tiffany (Lyrics/Co-Star; NY Fringe Festival). Legendary guitarist Trey Anastasio performs their songs with his bands Phish and TAB. TV: "The Wonder Pets.” Winner Jonathan Larson Award, Songwriter’s Hall Of Fame Award. She’s performed her songs from Carnegie Hall to the Bluebird Café in Nashville. CD: Put A Little Love In Your Mouth: The Songs of Amanda Green available at www.greenpiecemusic.com.

アンディ・ブランケンビューラー
(演出/振付)

ブロードウェイでの代表作に、『イン・ザ・ハイツ』(トニー賞受賞)、『アニー』、『ブリング・イット・オン』(トニー賞受賞)、『9時から5時まで』(トニー賞候補)、『The People In The Picture』、『アップル・ツリー』など。そのほか、『Fly』(ダラス・シアター・センター)、『ウィズ』(シティ・センター)、『スーザンを探して』(ウエストエンド)などの舞台や、「セサミストリート」「アメリカン・ダンスアイドル」などのTV番組で演出や振付を手掛けている。俳優としては、『FOSSE』をはじめ7作のブロードウェイ・ミュージカルに出演。現在は妻エリー、二人の子供ルカとソフィアとともにニューヨーク在住。

ANDY BLANKENBUEHLER (Director, Choreographer) Broadway: In The Heights (Tony Award), Annie, Bring It On (Tony nomination), 9 To 5 (Tony nomination), The People In The Picture, and The Apple Tree. Other work includes Fly (DTC), The Wiz (City Center), Desperately Seeking Susan (West End), “Sesame Street,” and “So You Think You Can Dance.” Mr. Blankenbuehler has performed in 7 Broadway musicals including the original company of Fosse. He resides in New York City, with his wife Elly and children, Luca and Sofia.

アレックス・ラカモイア
(音楽スーパーバイザー/共同アレンジメント/共同編曲/ダンス・アレンジメント)

『イン・ザ・ハイツ』 の音楽スーパーバイザー/共同編曲者、同作キャスト・アルバムのプロデューサーとしてトニー賞とグラミー賞を受賞。音楽監督、音楽アレンジメント、編曲を手掛けた代表作に、『ウィキッド』、『9時から5時まで』(ドラマ・デスク賞およびグラミー賞候補)、『アニー』『Working』『The People In The Picture』『Legally Blonde』『High Fidelity』『バット・ボーイ ザ・ミュージカル』『Fly』、『ゴッドスペル』2001年全米ツアー公演など。また、TV番組「セサミストリート」では作曲を担当。両親ト妹、妻イレアナに愛を。

ALEX LACAMOIRE (Music Supervisor/Co-Orchestrations/Co-Arrangements/Dance Arrangements) Alex won a Tony and a Grammy as the music supervisor, co-orchestrator and cast album producer of In The Heights. Other credits as music director, arranger and/or orchestrator: Wicked; 9 To 5 (Drama Desk and Grammy nominations); Annie; Working; The People In The Picture; Legally Blonde; High Fidelity; Bat Boy: The Musical; Fly; and the 2001 National Tour of Godspell. Composer for “Sesame Street” on PBS. Love to Mom, Dad, Little Sis, his wife Ileana.

VARSITY
(チアリーディング・コンサルタント)

チアリーディングとダンスに関係する数々の商品を提供。1974年から長年にわたり、世界各地に向けたチアリーディングのトレーニング・キャンプやトーナメントの運営、ユニフォームの販売などを行っている。中でもバーシティ・スピリッツ・ファッションは、1979年の設立以来、チアリーディングとダンス関連の衣類を取り扱う世界最王手のアパレル企業として知られている。

VARSITY-WE ARE CHEERLEADING ™ (Cheerleading Consultant) Varsity is the source for all things related to cheerleading and dance team. With a rich heritage and traditions dating back to 1974, Varsity is comprised of the leading spirit brands and organizations including its educational camps, clinics, competitions and uniforms to teams around the world. Founded in 1979, Varsity Spirit Fashion is the world’s largest designer and manufacturer of cheerleading and dance team apparel.